トップイメージ
ローンキャッシングした時、返済をする時には利率を乗せた返済になるのは誰もが知っていると思います。キャッシング会社は経営の利益を狙いとした会社なのですから必然です。しかし支払う方は、わすかでも少なく支払いたいとよぎるのが本音でしょう。利息制限法が定められる前は年30%近い利率を支払わされてましたが、定められてからは高金利でも年間18%位といくぶん低く決められているので、随分お得になったような気がします。今日の融資の利息範囲は4%位から18%位の間に決められていて、利用限度額により定められます。利用限度額は申請者の査定によって左右されます。総量制限により年収の1/3までと定められていますので、収入がいくらなのか?どういった職業についているのか?カードローンの利用履歴はどうなのか?もろもろ見られ与信限度額としてキャッシングサービスの内容が決まることになります。カードローンの場合利用可能金額が10万円〜800万円(各社で使用可能額は一様ではありません)と広い幅があります。こうしてその枠の中で定めた利用可能額により利率も決まってしまいます。50万円なら年間18%、300万円なら年間12%、800万円なら4%といった具合になるでしょう。つまり、信用が高ければ、与信限度額も多くなり、利子も下がるというわけです。このことに矛盾を覚えるのは私しだけでしょうか?余談となりますが、カード会社にとって、それらは当たり前のはずですが、収入の良い人がローンサービスができないと困ると思えませんし、仮にローンサービスを利用した場合でも利息が多かろうが少なかろうがお金の返済に追われる事はないはずです。むしろ年収の低い人は咄嗟にお金がほしいから借りる方が大抵です。利息が多いとお金の支払いに苦労するようになるはずです。このため使用可能範囲の小さい人こそ低利率で活用できるようにするべきです。この考えは活用するサイド側としての意見ではあります。この事実を念頭に置くと、利息を良くする為にはどうするべきかぼんやりと分ったでしょう。実際にこのようにして申請する人が大勢いるので説明しますと、キャッシングサービスの申し込みをする際、年収の1/3ぎりぎりまで申込みを行うのです。年収900万円なら300万円でこのカード審査で満額通ればその分利率が安いカードを持参することができるのです。とは言っても上限ギリギリまで利用しなければならないわけではありません。1万円でも40万円でも必要な分だけ使用できます。また最高利用額が300万円で最低金利年率7%位の金融会社も存在しますので、その業者に手続きを申し込めばその会社の最低金利で受ける事ができるようになるはずです。どうですか?アプローチ次第で低利息のカードローンを持参することが出来るのです。自身の年の収入とローン業者の利率を比較し、検討する事に時間を掛ければ、より良い契約でキャッシングできるのですから、ちゃんと調査するようにしなければなりません。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.unioncountyscouts.com All Rights Reserved.