トップイメージ

店で利用する時誰しも体験がおありではないかと察しますがレジの人がわからないためどちらの明細を利用者へ対して渡すべきか迷うことがあります。http://footballws.net/

というのは、クレジットを機械に通すと、端末から3枚1組の使用明細が出されるからで、これらのどの紙をカード利用者のもとへ差し出して良いのかわかりにくいということがあるのです。http://www.gregsolowsengineroom.biz/

明細の正体)上述の使用レシートの内容とは何なのかについては、1カード利用者に保管して頂く利用明細。1万円ソファー

2お店の控え利用明細。借り換えローン審査

3クレジットカード会社控え用明細(サインを行う紙)。

本来はあたりまえのようにお客さん側へ渡すべきレシートを渡すはずですが時には店舗で保管する紙を利用者側へ勘違いして渡すパターンであったりサインされた方の利用レシートを渡すようななどというケースさえも見受けられます。

このようなパターンは時間給の従業員の場合や普段クレジットが利用されるケースの少ないショップの会計においてカードを提示すると、そういった従業員の困った姿が見れるだろう。

いつの日か店員が違う利用レシートというものを提示してきた際には親切に「違いますよ」と一言教育して上げて欲しい。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.unioncountyscouts.com All Rights Reserved.